調和解析と共振解析の違いについて

概要:

Femtetには振動状態を計算するために「調和解析」と「共振解析」の2種類の解析方法をご用意しています。

  • 「調和解析」:ある周波数の振動源を与え、振動の応答状態を解析する
  • 「共振解析」:物体の持つ固有の振動状態(固有振動数、振動モード)を解析する

この2つの解析の違いについてご紹介します。

調和解析:

以下のように棒の下面を固定し、上面にある周波数での正弦波の振動を与えたとして解析します。周波数を上げていくと徐々に振動の様子が複雑になりますが、振動方向としては上面に正弦波振動を与えているため振動の方向は基本的に変わりませんが、振動の様子が徐々に複雑になっていきます。

Harmonic

 

共振解析:

以下のようなモデルで共振解析を行います。調和解析との大きな違いは振動源を与えていないという事です。物にはその物固有の振動のしやすさと振動数があり、共振解析を行うと結果として、固有振動数(共振周波数)と固有振動モード(変形の仕方)を求めています。以下の例は底面のみ固定した状態での共振解析ですが、共振モードの固有振動数が上がるにつれてより複雑な振動モードに切り替わっていきます。調和解析と比べ振動方向が一定でないのがお分かりいただけると思います。

Resonant

共振解析と調和解析の結果が同じ場合:

計算方法が違うため厳密には一致しないのですが、共振モードに近い位置で調和解析で強制的に振動させた場合、双方で同じような結果を得ることができます。例えば上記の2つの解析例では左端の共振モード(左右に振れるだけ)の調和解析と共振解析では共振周波数近くの振動状態は非常ににています。

以下圧電調和解析と圧電共振解析で計算結果として得られる周波数-インピーダンスグラフを比較してみます。それぞれの解析でのインピーダンスグラフの作成方法は以下のようになっています。

  • 調和解析のグラフ表示方法:複数の周波数ポイントで計算し、その時のインピーダンスの値をグラフにする。
  • 共振解析のグラフ表示方法:回路定数を作成し、回路定数からインピーダンスグラフを合成する。

上記方法でそれぞれ以下のようなインピーダンスグラフを描くことができます。この例では同じような屈曲振動モードが発生する周波数帯で計算しているため、調和解析と共振解析でほぼ同じようなインピーダンス波形を得ることができました。

Impedance

 

“調和解析と共振解析の違いについて” への1件の返信

  1. 件名

    コロナウイルスを増やしてるのは、【米国防総省】米国スパイのゴミども

    感染、症状もこいつらが作り出してる

    〈本題〉

    【創価の魔の正体は米国のAI(人工知能)】

    創価を日本統治に利用してる組織がCIA(極悪スパイ)

    学会員は頻繁に病気や事故に遭うから、信者は皆、魔(仏罰、現証)にやられてると思ってる

    学会活動に励んだら病状が良くなるから、多くの信者が、数百万、何千万円ものお布施をする

    Alが作った病気をAlが弱めて、病状が良くなったように見せかけ、莫大なお布施をさせる

    10年前の創価の財務が年間2,500億円(無税)、1日あたり6億8,500万円

    資産が10兆円超え、世界1位の企業だったトヨタ以上の資産額

    米国スパイが、軍事技術でイカサマして集めたお金

    腹痛、腰痛等の痛み全般、病気、悪臭、争い、うつ病、認知症、自殺、殺人、事故、火災、台風、地震など

    この世のほぼ全ての災いを【米国防総省】がAIを使った軍事技術で、秘密裏に作り出してる

    北朝鮮を操ってミサイルを打たせたり、蚊を操って刺させたり

    雑菌を増やして耐え難い臭いにしたり、蚊、コバエを増やしたりもする

    同じ手法で、コロナウイルスも増やす

    AIを用いたレジ不要のコンビニ

    このコンビニは、人の動き、音声、商品棚の重さ等をAIが調べて、お客が商品を持って出ると、スマホで自動精算されるので、レジが不要

    この仕組みからわかる事は、AIは多くの人の言動を見逃さずに、1度に管理出来るって事

    このAIの技術を【米国防総省】が悪用し、人工衛星を使い、全人類を24時間365日体制で管理して、学会員や悪さした人を病気にしたり、事故らせたりして災いを与える

    こんなに大規模な犯罪なのに、世間に浸透してないのは、AIが遠隔から各個人の生活を管理して、生活に沿った、病気や痛みを与えてきたから

    重い物を持ったら腕に痛みを与えたり、ツラい事があったら、うつにしたり

    スパイの犯行だから、相手に覚られず、私生活に便乗して、違和感を持たせずやる

    【この犯罪の主犯は米国防総省】

    的確に攻撃するGPSは、米国防総省が軍事目的で開発、管理運用もここがする

    全人類を管理してるAlを使ってスパイ活動するNSA(政府)も、米国防総省の管轄なので、この犯罪は米国スパイによる犯罪

    騒音攻撃に至っては、救急車の音で嫌がらせする為に、AIが遠隔から痛みを与えて病人を作り出すし

    パトカーが付きまといをする集団ストーカーは、Alが警官を操って、いかにも警察が嫌がらせしてるように工作

    「救急車、ノイズキャンペーン」「パトカー、集スト」等で検索すると出る

    行く所行く所で周りの人が咳払いしたり、くしゃみをしたりする集ストは、AIが被害者の周りの人に周波を当てて、咳払いやくしゃみをさせてるだけ

    いかにも集団でストーカーしてると思わせて、心理的な痛手を負わせる

    咳をした時の周波数と同じ周波を当てると、人為的に咳を出させる事ができる

    TBSラジオ90.5MHz、ニッポン放送93.0MHzに周波数を合わせると、これらのラジオを聴ける

    これと同じように、周波数を変える事で、意識操作や精神疾患を作り出す

    蛍光灯に虫が集まるのは、ある決まった周波数の紫外線に、吸い寄せられてるから

    虫ですら周波で操作が可能

    家の中に害虫を呼び込んだり、カラスを屋根の上に集めて暴れさせたり鳴かせたり、犬を吠えさせる嫌がらせ等も、AIが軍事技術を用いてやる

    27~38Hzで不眠に、48~55Hzで喘息に、88Hzで片頭痛が引き起こされる

    それぞれの病気が、それぞれ決まった周波数を持つ

    これらの周波数と同じ周波を当てれば、どんな病気でも作り出せる

    周波(波動)は目に見えんから証拠が残らん、だからやりたい放題やる

    国が周波を見えるようにして、こいつらの動きを監視すれば、この犯罪は激減する

    この犯罪を終わらせる鍵は、宗教法人への課税、公明党(創価)を政権の座から下ろす、周波の見える化

    https://shinkamigo.wordpress.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です