共鳴する管の解析

概要:

管を模したモデルで音波の共鳴現象を解析します。解析は簡単のため2次元解析で行います。空気領域のみメッシュ生成し、管の入り口に音源を設定して周波数を変えながら音波調和解析を実施します。

model

解析結果:

解析結果の放射インピーダンス(周波数特性)と、共振位置での音圧のコンター図を示します。特定の周波数で放射インピーダンスの値が小さくなり、共振現象が起きていることが分かります。

result

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です