事例58 八木アンテナの放射特性解析

Femtetの電磁波解析機能をもちいて
八木アンテナを設計しました。
励振素子1、反射素子1、導波素子6よりなる八木アンテナの構造を
図1に示します。
この構造をもちいて電磁波解析した結果のSパラメータを図2に示します。
2次元指向性結果、3次元指向性結果をそれぞれ図3, 4に示します。
この結果、反射素子と導波素子を両方使用することで、鋭い指向性が形成されていることがわかります。

図1. 解析モデル

図2. Sパラメータ

図3. 2D指向性

図4. 3D指向性

まずはFemtetを試してみたい

試用版・無償版はこちら

もっとFemtetについて詳しく知りたい

イベント・セミナー情報はこちら