チュートリアル動画

【基本図形】

機能

点を作成します。
【作成手順】
1.点の座標を入力します。

メニュー位置

正多角形(ワイヤ)

機能

ワイヤボディの多角形を作成します。
【作成手順】
1.正多角形の中心座標を入力します。
2.正多角形の半径を入力します。
3.正多角形の角数を入力します。

メニュー位置

多角弧(中心指定)

機能

ワイヤボディの多角弧を中心指定で作成します。
【作成手順】
1.多角弧の中心座標を入力します。
2.多角弧の始点座標を入力します。
3.多角弧の終点座標を入力します。
4.多角弧の分割数(角数)を入力します。

メニュー位置

多角弧(3点指定)

機能

ワイヤボディの多角弧を3点指定で作成します。
【作成手順】
1.多角弧の始点座標を入力します。
2.多角弧の通過点座標を入力します。
3.多角弧の終点座標を入力します。
4.多角弧の分割数(角数)を入力します。

メニュー位置

らせん(ワイヤ)

機能

ワイヤボディのらせんを作成します。
【作成手順】
1.らせんの中心軸上の座標を入力します。
2.らせんの始点座標を入力します。
3.らせんのZ軸方向のピッチを入力します。
4.らせんのX軸方向のピッチを入力します。
5.らせんの巻き数を入力します。

メニュー位置

スプライン

機能

ワイヤボディのスプラインを作成します。
【作成手順】
1.スプラインの始点座標を入力します。
2.スプラインの始点座標に隣接する頂点の座標を入力します。
3.2で入力した頂点に隣接する頂点の座標を入力します。
4.すべての頂点の分だけ3の手順を繰り返します。
5.最後の頂点を入力したら完了ボタンをクリック(またはモデル画面上で右クリック)します。

メニュー位置

長円(ワイヤ)

機能

ワイヤボディの長円を作成します。
【作成手順】
1.長円の第1中心点座標を入力します。
2.長円の第2中心点座標を入力します。
3.長円の半径を入力します。

メニュー位置

楕円(ワイヤ)

機能

ワイヤボディの楕円を作成します。
【作成手順】
1.楕円の中心座標を入力します。
2.楕円の副軸方向(XY平面の場合X軸方向)の半径を入力します。
3.楕円の第2副軸方向(XY平面の場合Y軸方向)の半径を入力します。

メニュー位置

円(ワイヤ)

機能

ワイヤボディの円を作成します。
【作成手順】
1.円の中心座標を入力します。
2.円の半径を入力します。

メニュー位置

円弧(角度指定)

機能

ワイヤボディの円弧を角度指定で作成します。
【作成手順】
1.円弧の中心座標を入力します。
2.円弧の始点座標を入力します。
3.円弧の始点からの角度を入力します。

メニュー位置

円弧(中心指定)

機能

ワイヤボディの円弧を中心指定で作成します。
【作成手順】
1.円弧の中心座標を入力します。
2.円弧の始点座標を入力します。
3.円弧の終点座標を入力します。

メニュー位置

円弧(3点指定)

機能

ワイヤボディの円弧を3点指定で作成します。
【作成手順】
1.円弧の始点座標を入力します。
2.円弧の通過点座標を入力します。
3.円弧の終点座標を入力します。

メニュー位置

直線(角度指定)

機能

ワイヤボディの直線を角度指定で作成します。
【作成手順】
1.直線の始点座標を入力します。
2.直線の副軸(XY平面の場合X軸)からの角度を入力します。
3.直線の長さを入力します。

メニュー位置

直線

機能

ワイヤボディの直線を作成します。
【作成手順】
1.直線の始点座標を入力します。
2.直線の終点座標を入力します。

メニュー位置

多角形

機能

シートボディの多角形を作成します。
【作成手順】
1.多角形の始点座標を入力します。
2.多角形の始点に隣接する頂点の座標を入力します。
3.2で入力した頂点に隣接する頂点の座標を入力します。
4.すべての頂点の数だけ3の手順を繰り返します。
5.最後の頂点を入力したら完了ボタンをクリック(またはモデル画面上で右クリック)します。

メニュー位置

正多角形

機能

シートボディの正多角形を作成します。
【作成手順】
1.正多角形の中心座標を入力します。
2.正多角形の半径を入力します。
3.正多角形の角数を入力します。

メニュー位置

長円

機能

シートボディの長円を作成します。
【作成手順】
1.長円の第1中心点座標を入力します。
2.長円の第2中心点座標を入力します。
3.長円の半径を入力します。

メニュー位置

楕円

機能

シートボディの楕円を作成します。
【作成手順】
1.楕円の中心座標を入力します。
2.楕円の副軸方向(XY平面の場合X軸方向)の半径を入力します。
3.楕円の第2副軸方向(XY平面の場合Y軸方向)の半径を入力します。

メニュー位置

機能

シートボディの円を作成します。
【作成手順】
1.円の中心座標を入力します。
2.円の半径を入力します。

メニュー位置

長方形(対角指定)

機能

シートボディの長方形を対角指定で作成します。
【作成手順】
1.長方形の始点座標を入力します。
2.長方形の対角点を入力します。

メニュー位置

長方形(長さ指定)

機能

シートボディの長方形を長さ指定で作成します。
【作成手順】
1.長方形の始点座標を入力します。
2.長方形の幅を入力します。
3.長方形の高さを入力します。

メニュー位置

ボンディングワイヤ

機能

ソリッドボディのボンディングワイヤを作成します。
【作成手順】
1.ボンディングワイヤの始点座標を入力します。
2.ボンディングワイヤの始点からの引き伸ばし方向を入力します。
3.ボンディングワイヤの終点座標を入力します。
4.ボンディングワイヤの終点からの引き伸ばし方向を入力します。
5.ボンディングワイヤの始点からの高さを入力します。
6.ボンディングワイヤの終点からの高さを入力します。
7・ボンディングワイヤの水平部比率を入力します。
※水平部比率とは始点終点間の水平部分の比率です。
8.ボンディングワイヤの断面の直径を入力します。
9.ボンディングワイヤの断面の角数を入力します。

メニュー位置

多角柱らせん

機能

ソリッドボディの多角柱らせんを作成します。
【作成手順】
1.らせんの中心軸上のの座標を入力します。
2.多角柱らせんの断面の半径を入力します。
3.多角柱らせんの断面の角数を入力します。
※側面を平面にしたい場合は、「側面を平面化」にチェックを入れます。
4.多角柱らせんの始点座標を入力します。
5.多角柱らせんのZ軸方向のピッチを入力します。
6.多角柱らせんのX軸方向のピッチを入力します。
7.多角柱らせんの巻き数を入力します。

メニュー位置

円柱らせん

機能

ソリッドボディの円柱らせんを作成します。
【作成手順】
1.らせんの中心軸上のの座標を入力します。
2.円柱らせんの断面の半径を入力します。
3.円柱らせんの始点座標を入力します。
4.円柱らせんのZ軸方向のピッチを入力します。
5.円柱らせんのX軸方向のピッチを入力します。
6.円柱らせんの巻き数を入力します。

メニュー位置

楕円体

機能

ソリッドボディの楕円体を作成します。
【作成手順】
1.楕円体の中心座標を入力します。
2.楕円体のX軸方向の半径を入力します。
3.楕円体のZ軸方向の半径を入力します。

メニュー位置

機能

ソリッドボディの球を作成します。
【作成手順】
1.球の中心座標を入力します。
2.球の半径を入力します。

メニュー位置

正多角すい

機能

ソリッドボディの正多角すいを作成します。
【作成手順】
1.底面の中心座標を入力します。
2.底面の半径を入力します。
3.多角すいの高さを入力します。
4.上面の半径を入力します。
5.多角すいの角数を入力します。

メニュー位置

円すい

機能

ソリッドボディの円すいを作成します。
【作成手順】
1.底面の中心座標を入力します。
2.底面の半径を入力します。
3.円すいの高さを入力します。
4.上面の半径を入力します。

メニュー位置

正多角柱

機能

ソリッドボディの正多角柱を作成します。
【作成手順】
1.円の中心座標を入力します。
2.円の半径を入力します。
3.円柱の高さを入力します。
4.正多角柱の角数を入力します。

メニュー位置

円柱

機能

ソリッドボディの円柱を作成します。
【作成手順】
1.円の中心座標を入力します。
2.円の半径を入力します。
3.円柱の高さを入力します。

メニュー位置

直方体(対角指定)

機能

ソリッドボディの長方形を作成します。
【作成手順】
1.直方体の始点を入力します。
2.直方体の対角座標を入力します。
3.直方体の高さを入力します。

メニュー位置

直方体(長さ指定)

機能

ソリッドボディの長方形を作成します。
【作成手順】
1.直方体の始点を入力します。
2.直方体の幅を入力します。
3.直方体の奥行きを入力します。
4.直方体の高さを入力します。

メニュー位置

サポート一覧にもどる

まずはFemtet®を試してみたい

試用版・無償版はこちら

もっとFemtet®について詳しく知りたい

イベント・セミナー情報はこちら