事例66 8の字コイルのインダクタンス解析

8の字形状をもつループコイルのインダクタンス解析事例を紹介します。
8の字コイルをCAD機能で描画します。
8の字コイルを2つに切断し、その断面に入出力ポートの境界条件を設定します。
コイルの片側に電流値、巻き数を設定し、もう片側のコイルは、「接続されているコイルを結び、ループコイルを形成する」にチェックを入れます。
解析結果で電流分布をみると、8の字に沿った形で電流が流れている様子が確認できます。テーブルでインダクタンスが確認できます。

解析モデル

入出力ポート境界条件

ボディ属性設定

解析結果

まずはFemtetを試してみたい

試用版・無償版はこちら

もっとFemtetについて詳しく知りたい

イベント・セミナー情報はこちら