事例68 リードリレー / MRセンサ解析

あらゆる制御回路に使用されるリードリレーの解析事例を紹介します。
リードリレーの基本構成は、リードスイッチと、これを外部から励磁するコイルなどで構成されます。
半導体スイッチ、電磁リレーの両方の領域をカバーできるすぐれた特長を持ちます。

磁場解析と応力解析を連成させることで、電磁力による変形を解析することができます。リードリレー上部にコイルを配置し、電流を印加します。2つの支持体には応力解析で接触が考慮できるように接触/被接触の境界条件を設定しています。
電流によって2つの支持体に電磁力が発生します。その結果、磁気的吸引力によって支持体同士で引き合い接点が閉じることがわかります。
コイルの電流を磁石に置き換えることでMRセンサの解析にも応用することができます。

リードリレー概要

ソルバ設定

境界条件設定

解析結果

まずはFemtetを試してみたい

試用版・無償版はこちら

もっとFemtetについて詳しく知りたい

イベント・セミナー情報はこちら