価格

価格表

Femtetの価格は一年間のPC1台当りの使用ライセンスという形をとっております。

2022/6/22に価格を改定します


パッケージ種類 ライセンス方式 PC1台当たりの価格
基本パック1年間利用ライセンス ソフトウェアライセンスまたは
ハードウェアライセンス(ドングル方式)
\198,000(税別)
\217,800(税込)
高速化オプション1年間利用ライセンス ソフトウェアライセンスまたは
ハードウェアライセンス(ドングル方式)
\158,000(税別)
\173,800(税込)
応力拡張オプション1年間利用ライセンス ソフトウェアライセンスまたは
ハードウェアライセンス(ドングル方式)
\198,000(税別)
\217,800(税込)
磁場拡張オプション1年間利用ライセンス ソフトウェアライセンスまたは
ハードウェアライセンス(ドングル方式)
\198,000(税別)
\217,800(税込)
電磁波拡張オプション1年間利用ライセンス ソフトウェアライセンスまたは
ハードウェアライセンス(ドングル方式)
\198,000(税別)
\217,800(税込)
熱流体オプション1年間利用ライセンス ソフトウェアライセンスまたは
ハードウェアライセンス(ドングル方式)
\198,000(税別)
\217,800(税込)
CADトランスレータ1年間利用ライセンス ソフトウェアライセンスまたは
ハードウェアライセンス(ドングル方式)
\198,000(税別)
\217,800(税込)
アカデミックパック (サポート付き)1年間利用ライセンス ソフトウェアライセンスまたは
ハードウェアライセンス(ドングル方式)
\198,000(税別)
\217,800(税込)
アカデミックパック1年間利用ライセンス ソフトウェアライセンス \19,800(税別)
\21,780(税込)
基本パック (Multi-Core Edition)1年間利用ライセンス ソフトウェアライセンスまたは
ハードウェアライセンス(ドングル方式)
\298,000(税別)
\327,800(税込)
新規販売は終了しています。
  • 注1:1年間利用ライセンスには1年間のサポートを含みます。サポート内容はマニュアルレベルの使用方法・不具合対応となっております。
  • 注2:アカデミックパックでは、ソフトウェアライセンスのみの提供とさせていただいております。サポートは含まれません。
  • 注3:ライセンス期間中でのソフトウェアライセンスの別PCへの移設、ソフトウェアライセンスとハードウェアライセンスの切り替えについては、移設費として\19,800(税別)/\21,780円(税込)の費用が必要になります。(ライセンス更新時であれば移設費は無料です)
  • 注4:オプション追加などで1年間に満たないライセンス期間となる場合は、月割りでの価格となります。

まずはFemtetを試してみたい

試用版・無償版はこちら

正式な価格を見積もりたい

お見積もりはこちら

パッケージ種類

Femtetは、「基本パック」をベースとし、
「高速化オプション」「応力拡張オプション」「磁場拡張オプション」「電磁波拡張オプション」「熱流体オプション」を追加することで、
機能を拡張することができます。

また「CADトランスレータ」オプションのご利用により、
各種CADのモデルデータをインポート / エクスポートすることができるようになります。

  • 基本パック

    CAD機能(モデリング)と8つの解析機能(電磁波・磁場・電場・応力・熱・流体・圧電・音波)とその連成解析が利用可能です。

  • アカデミックパック

    CADトランスレータを除く、Femtetの全ての機能が利用可能です。ソフトウェアライセンスのみの提供となります。サポートは含まれておりません。(アカデミックパックの対象は、大学・高等専門学校・高等学校です。)

  • 応力拡張オプション

    応力解析の機能に弾塑性材料や粘弾性材料といった非線形材料を使用した解析や、疲労寿命解析といった高度な解析機能を追加するオプションです。
    以下の3つの例題は応力拡張オプションを使用した解析事例になります。

  • 磁場拡張オプション

    磁場解析の機能に過渡解析機能を追加するオプションです。
    モータや発電機の解析、外部回路と連成させた解析などができるようになります。
    以下の2つの例題は磁場拡張オプションを使用した解析事例になります。

  • 電磁波拡張オプション

    電磁波解析の機能に過渡解析機能を追加するオプションです。
    TDRやESDといった時間応答解析が可能になります。
    以下の2つの例題は電磁波拡張オプションを使用した解析事例になります。

  • ESD解析

      
  • 熱流体オプション

    流体解析の機能に熱伝導解析との連成解析機能を追加するオプションです。
    発熱するICを強制対流によって放熱する解析などができるようになります。
    以下の例題は熱流体オプションを使用した解析事例になります。

  • 高速化オプション

    マルチコアCPUの機能を活用して演算処理を並列化させることで、解析速度を向上させるオプションです。
    解析モデルの規模や解析ソルバの種類などにより並列化効率は変わります。
    詳しくは高速化オプションのベンチマーク資料をご覧ください。

  • CADトランスレータ

    他社のCADソフトウェアで作成したモデルデータをFemtetに取り込む(インポート)、
    Femtetで作成したモデルを他のデータフォーマットに出力(エクスポート)する機能を追加するオプションです。
    オプション導入によりインポート、エクスポートできるフォーマットは以下の通りです。

    【インポート】
    CATIAR V6,V5,V4,Creo?,Pro/ENGINEERR,I-deas,JT,UnigraphicsR/NX,SolidWorksR,Solid Edge,ACISR,Autodesk Inventor,IGES,STEP,STL,PRC,IFC,VRML,dxf(3D),DWG

    【エクスポート】
    ACISR,IGES,STEP,STL,PRC

まずはFemtetを試してみたい

試用版・無償版はこちら

正式な価格を見積もりたい

お見積もりはこちら

ライセンス方式

Femtetを利用するためのライセンスキーは
「ソフトウェアライセンス」または「ハードウェアライセンス(ドングル方式)」を利用します。

ソフトウェアライセンス

ソフトウェアライセンスでは、以下の3通りの使用方法からご選択できます。
ただし、ソフトウェアライセンスの再発行(PCの変更)については、
価格表の注3に記載の通り別途費用が掛かります。

  • ソフトウェアライセンスとFemtetを同一PCにインストールして利用します。

  • ソフトウェアライセンスとFemtetを
    インストールしたPCをリモートデスクトップ経由で利用します。

  • ソフトウェアライセンスをインストールしたPCをライセンスサーバとし、クライアントPCに
    Femtetをインストールして利用します。契約数分のFemtetを同時に利用することができます。
    こちらの方式での運用方法についてはサーバライセンス運用マニュアルをご覧ください。

ハードウェアライセンス

ハードウェアライセンスはリモートデスクトップでの利用には対応しておりません。

ハードウェアライセンス(USBドングルキー)をPCに挿した状態でFemtetを利用します。
Femtetを複数のPCにインストールしておき、USBドングルキーを抜き差しすることで
Femtetを利用するPCを切り替えることができます。

まずはFemtetを試してみたい

試用版・無償版はこちら

正式な価格を見積もりたい

お見積もりはこちら