チュートリアル・理論解比較

すべて

事例53: はめ合い円筒部品の接触面圧の理論値比較

概要

はめ合い円筒部品の接触面圧の理論値比較を行った事例です。

 

詳細

はめ合い部品同士は無応力状態では干渉の位置関係となるため、異なるメッシュ空間設定を行いFemtetの干渉除去処理を回避しています。 円筒部品同士の接触面圧は理論値とよく一致しています。


クリックで詳細表示

事例52: 到達温度の分布を考慮した熱荷重解析

概要

到達温度に分布がある場合その温度分布に応じて応力が発生します。
ここではその応力分布に理論解があるモデルの解析例を示します。

 

詳細

長方形ボディの内部から表面に向かって到達温度が低下する分布を設定したモデルの熱荷重解析の結果を示しています。 到達温度分布によって内部では圧縮応力が発生し、外部では引っ張り応力が発生しますが、その解析結果が理論値とよく一致していることが分かります。


クリックで詳細表示

事例51: 応力集中係数の理論値比較

概要

円孔のある長方形ボディの応力集中係数の理論値比較を行った事例です。

 

詳細

円孔のある長方形ボディに引っ張り荷重を印加すると円孔の端部において応力が集中します。 この部位の応力最大値と断面平均値の比率が応力集中係数です。 本事例では解析値と理論値がよく一致していることを示しています。


クリックで詳細表示

事例50: ソレノイドコイルの浮遊容量解析(パラメトリック解析)

概要

電場解析-例題17 コイルの浮遊容量計算で紹介されているソレノイドコイルのピッチと内径を変数とした場合のパラメトリック解析手順を紹介します。

 

詳細

モデルを描画するときのダイアログにアルファベットを先頭とした半角英数を入力することで変数を定義することができます。 解析ボタン下にある▼ボタンで副項目を表示し、パラメトリック解析を実行することで、変数に応じた結果を得ることができます。


クリックで詳細表示

事例49: 一様な磁界中の直線導体にはたらく電磁力

概要

一様な磁界中の直線導体にはたらく電磁力をFemtetで解析し、理論解と比較しました。

 

詳細

理論解F=IBLsinθ=0.01Nに対し、Femtetの電磁力の結果Fz=-0.01Nと一致することを確認しました。 向きについてもフレミング左手の法則にしたがい、-Z方向に力が発生したことがわかります。


クリックで詳細表示

事例48: パーミアンス法

概要

閉磁路に磁石を挟み込んだときの鎖交磁束を理論値と比較した事例です(右画像をクリック)。

 

詳細

パーミアンス法をもとに、断面10x10mm, 周長120mmの磁路に、起磁力として厚さ1mmの磁石を挟み込んだときの閉磁路をもちいて、鎖交磁束を理論計算とFemtetのFEM解析で比較しました。その結果2%以下の誤差で一致することを確認しました。


クリックで詳細表示

事例47: ビオサバールの法則との比較(静磁場解析)

概要

円形コイルに電流を印加した時に発生する磁束密度について理論解と比較しました。

 

詳細

半径rのループコイルに電流1Aを印加した簡単なモデルで静磁場解析をおこなっています。ビオサバールの法則から得られる磁束密度に対して、Femtetの結果は2.7%程度の解析精度でほぼ同等の結果が得られました。また、中心軸上の結果をプロットしましたが、理論解に対して追従する様子も確認することができました。


クリックで詳細表示

事例46: 圧電振動の理論解比較

概要

圧電体の上下面に交流電圧を印加したときの、共振周波数を理論値との比較を行った事例です。

 

詳細

解析モデルでは、1/4対称モデルをもちいて、上下面に交流を印加し、側面に開放境界を設定して解析を実行しています。理論値と解析値はよく一致していることが確認できています。


クリックで詳細表示

事例45: コイルばねのたわみ量の理論値比較

概要

コイルばねのたわみ量を解析し、理論値との比較を行った事例です。

 

詳細

解析モデルではばねの荷重印加面に対して変位固定および等変位オプションを追加設定しています。 これによって荷重面の回転や軸方向以外の変位を抑制して軸方向のたわみを解析することができます。 理論値と解析値はよく一致していることが確認できています。


クリックで詳細表示

事例44: 流体解析-オリフィスの実験式

概要

流体解析で有名な「オリフィスの実験式」をFemtetの解析結果と比較してみました。

 

詳細

オリフィスの実験式をもとに、内径200mmの円管の途中に孔径110mmのオリフィスを取付けて、この中を通る空気量と流速を求めました。その結果、理論解とは3-4%程度の誤差となり、ほぼ同等の結果が得られました。


クリックで詳細表示

事例43: 片持ち梁の共振周波数比較

概要

片持ち梁の共振周波数を解析し、理論解との比較をおこなった事例です。

 

詳細

本事例では、片持ち梁の理論解と共振解析の結果を比較しています。 本事例を通じてモデルの作成方法および、解析結果の確認方法を習得することができます。 5次モードまで解析した結果、Femtetの共振周波数は理論解とほぼ一致しました。


クリックで詳細表示

事例42: J字型片持ち梁のたわみ量解析

概要

J字型片持ち梁のたわみ量を解析し、理論解との比較をおこなった事例です。

 

詳細

本事例では、J字型に直角に曲げられた片持ち梁の理論解と応力解析の結果を比較しています。 本事例を通じてモデルの作成方法および、解析結果の確認方法を習得することができます。 片持ち梁のたわみ量は理論解6.74mmに対し、Femtetでの解析結果6.78mmと良好な結果が得られました。


クリックで詳細表示

事例41: 電場解析-複数の材質を連結させた抵抗解析

概要

電場解析で複数の材質を連結させた抵抗を解析する手順を紹介しています。

詳細

本事例では、電場解析で複数の材料を連結させた抵抗を解析する手順を動画で紹介しています。 電場解析でのモデル作成から、条件設定、解析実行、解析結果評価までの一連の操作方法をご確認いただけます。


クリックで動画再生

事例40: 磁場解析-コイルのインダクタンス解析

概要

磁場解析でコイルのインダクタンスを解析する手順を紹介しています。

詳細

本事例では、磁場解析でコイルのインダクタンスを解析する手順を動画で紹介しています。 磁場解析でのモデル作成から、条件設定、解析実行、解析結果評価までの一連の操作方法をご確認いただけます。


クリックで動画再生

事例39: 磁場解析ー2つの磁石の間に働く力

概要

磁場解析で2つの磁石の間に働く力を解析する手順を紹介しています。

詳細

本事例では、磁場解析で2つの磁石の間に働く力を解析する手順を動画で紹介しています。 磁場解析でのモデル作成から、条件設定、解析実行、解析結果評価までの一連の操作方法をご確認いただけます。


クリックで動画再生

事例38: 電磁波解析ーマイクロストリップ線路の伝送特性

概要

電磁波解析でマイクロストリップ線路の伝送特性を解析する手順を紹介しています。

詳細

本事例では、電磁波解析でマイクロストリップ線路の伝送特性を解析する手順を動画で紹介しています。 電磁波解析でのモデル作成から、条件設定、解析実行、解析結果評価までの一連の操作方法をご確認いただけます。


クリックで動画再生

事例37: 電磁波解析ー無損失長方形空洞共振器の共振周波数解析

概要

電磁波解析で無損失長方形空洞共振器の共振周波数を解析する手順を紹介しています。

詳細

本事例では、電磁波解析で無損失長方形空洞共振器の共振周波数を解析する手順を動画で紹介しています。 電磁波解析でのモデル作成から、条件設定、解析実行、解析結果評価までの一連の操作方法をご確認いただけます。


クリックで動画再生

事例36: 熱伝導解析ー基板上のIC発熱

概要

熱伝導解析で基板上のICの発熱を解析する手順を紹介しています。

詳細

本事例では、熱伝導解析で基板上のICの発熱を解析する手順を動画で紹介しています。 熱伝導解析でのモデル作成から、条件設定、解析実行、解析結果評価までの一連の操作方法をご確認いただけます。


クリックで動画再生

事例35: 応力解析ーキャップ形状の応力解析

概要

応力解析でキャップ形状の応力を解析する手順を紹介しています。

詳細

本事例では、応力解析でキャップ形状のモデルに発生する応力を解析する手順を動画で紹介しています。 応力解析でのモデル作成から、条件設定、解析実行、解析結果評価までの一連の操作方法をご確認いただけます。


クリックで動画再生

事例34: 圧電解析ー分極方向の逆の圧電体を貼り合わせた素子の解析

概要

圧電解析で分極方向の逆の圧電体を貼り合わせた素子を解析する手順を紹介しています。

詳細

本事例では、圧電解析で分極方向が逆の圧電体を貼り合わせた素子を解析する手順を動画で紹介しています。 圧電解析でのモデル作成から、条件設定、解析実行、解析結果評価までの一連の操作方法をご確認いただけます。


クリックで動画再生

事例33: 音波解析ー音波源による振動

概要

音波解析で音波源による振動を解析する手順を紹介しています。

詳細

本事例では、音波解析で音波源による振動を解析する手順を動画で紹介しています。 音波解析でのモデル作成から、条件設定、解析実行、解析結果評価までの一連の操作方法をご確認いただけます。


クリックで動画再生

事例32: 点

概要

点を作成します。
【作成手順】
1.点の座標を入力します。

メニュー位置


クリックで動画再生

事例31: 正多角形(ワイヤ)

概要

ワイヤボディの多角形を作成します。
【作成手順】
1.正多角形の中心座標を入力します。
2.正多角形の半径を入力します。
3.正多角形の角数を入力します。

メニュー位置


クリックで動画再生

事例30: 多角弧(中心指定)

概要

ワイヤボディの多角弧を中心指定で作成します。
【作成手順】
1.多角弧の中心座標を入力します。
2.多角弧の始点座標を入力します。
3.多角弧の終点座標を入力します。
4.多角弧の分割数(角数)を入力します。

メニュー位置


クリックで動画再生

事例29: 多角弧(3点指定)

概要

ワイヤボディの多角弧を3点指定で作成します。
【作成手順】
1.多角弧の始点座標を入力します。
2.多角弧の通過点座標を入力します。
3.多角弧の終点座標を入力します。
4.多角弧の分割数(角数)を入力します。

メニュー位置


クリックで動画再生

事例28: らせん(ワイヤ)

概要

ワイヤボディのらせんを作成します。
【作成手順】
1.らせんの中心軸上の座標を入力します。
2.らせんの始点座標を入力します。
3.らせんのZ軸方向のピッチを入力します。
4.らせんのX軸方向のピッチを入力します。
5.らせんの巻き数を入力します。

メニュー位置


クリックで動画再生

事例27: スプライン

概要

ワイヤボディのスプラインを作成します。
【作成手順】
1.スプラインの始点座標を入力します。
2.スプラインの始点座標に隣接する頂点の座標を入力します。
3.2で入力した頂点に隣接する頂点の座標を入力します。
4.すべての頂点の分だけ3の手順を繰り返します。
5.最後の頂点を入力したら完了ボタンをクリック(またはモデル画面上で右クリック)します。

メニュー位置


クリックで動画再生

事例26: 長円(ワイヤ)

概要

ワイヤボディの長円を作成します。
【作成手順】
1.長円の第1中心点座標を入力します。
2.長円の第2中心点座標を入力します。
3.長円の半径を入力します。

メニュー位置


クリックで動画再生

事例25: 楕円(ワイヤ)

概要

ワイヤボディの楕円を作成します。
【作成手順】
1.楕円の中心座標を入力します。
2.楕円の副軸方向(XY平面の場合X軸方向)の半径を入力します。
3.楕円の第2副軸方向(XY平面の場合Y軸方向)の半径を入力します。

メニュー位置


クリックで動画再生

事例24: 円(ワイヤ)

概要

ワイヤボディの円を作成します。
【作成手順】
1.円の中心座標を入力します。
2.円の半径を入力します。

メニュー位置


クリックで動画再生

事例23: 円弧(角度指定)

概要

ワイヤボディの円弧を角度指定で作成します。
【作成手順】
1.円弧の中心座標を入力します。
2.円弧の始点座標を入力します。
3.円弧の始点からの角度を入力します。

メニュー位置


クリックで動画再生

事例22: 円弧(中心指定)

概要

ワイヤボディの円弧を中心指定で作成します。
【作成手順】
1.円弧の中心座標を入力します。
2.円弧の始点座標を入力します。
3.円弧の終点座標を入力します。

メニュー位置


クリックで動画再生

事例21: 円弧(3点指定)

概要

ワイヤボディの円弧を3点指定で作成します。
【作成手順】
1.円弧の始点座標を入力します。
2.円弧の通過点座標を入力します。
3.円弧の終点座標を入力します。

メニュー位置


クリックで動画再生

事例20: 直線(角度指定)

概要

ワイヤボディの直線を角度指定で作成します。
【作成手順】
1.直線の始点座標を入力します。
2.直線の副軸(XY平面の場合X軸)からの角度を入力します。
3.直線の長さを入力します。

メニュー位置


クリックで動画再生

事例19: 直線

概要

ワイヤボディの直線を作成します。
【作成手順】
1.直線の始点座標を入力します。
2.直線の終点座標を入力します。

メニュー位置


クリックで動画再生

事例18: 多角形

概要

シートボディの多角形を作成します。
【作成手順】
1.多角形の始点座標を入力します。
2.多角形の始点に隣接する頂点の座標を入力します。
3.2で入力した頂点に隣接する頂点の座標を入力します。
4.すべての頂点の数だけ3の手順を繰り返します。
5.最後の頂点を入力したら完了ボタンをクリック(またはモデル画面上で右クリック)します。

メニュー位置


クリックで動画再生

事例17: 正多角形

概要

シートボディの正多角形を作成します。
【作成手順】
1.正多角形の中心座標を入力します。
2.正多角形の半径を入力します。
3.正多角形の角数を入力します。

メニュー位置


クリックで動画再生

事例16: 長円

概要

シートボディの長円を作成します。
【作成手順】
1.長円の第1中心点座標を入力します。
2.長円の第2中心点座標を入力します。
3.長円の半径を入力します。

メニュー位置


クリックで動画再生

事例15: 楕円

概要

シートボディの楕円を作成します。
【作成手順】
1.楕円の中心座標を入力します。
2.楕円の副軸方向(XY平面の場合X軸方向)の半径を入力します。
3.楕円の第2副軸方向(XY平面の場合Y軸方向)の半径を入力します。

メニュー位置


クリックで動画再生

事例14: 円

概要

シートボディの円を作成します。
【作成手順】
1.円の中心座標を入力します。
2.円の半径を入力します。

メニュー位置


クリックで動画再生

事例13: 長方形(対角指定)

概要

シートボディの長方形を対角指定で作成します。
【作成手順】
1.長方形の始点座標を入力します。
2.長方形の対角点を入力します。

メニュー位置


クリックで動画再生

事例12: 長方形(長さ指定)

概要

シートボディの長方形を長さ指定で作成します。
【作成手順】
1.長方形の始点座標を入力します。
2.長方形の幅を入力します。
3.長方形の高さを入力します。

メニュー位置


クリックで動画再生

事例11: ボンディングワイヤ

概要

ソリッドボディのボンディングワイヤを作成します。
【作成手順】
1.ボンディングワイヤの始点座標を入力します。
2.ボンディングワイヤの始点からの引き伸ばし方向を入力します。
3.ボンディングワイヤの終点座標を入力します。
4.ボンディングワイヤの終点からの引き伸ばし方向を入力します。
5.ボンディングワイヤの始点からの高さを入力します。
6.ボンディングワイヤの終点からの高さを入力します。
7・ボンディングワイヤの水平部比率を入力します。
※水平部比率とは始点終点間の水平部分の比率です。
8.ボンディングワイヤの断面の直径を入力します。
9.ボンディングワイヤの断面の角数を入力します。

メニュー位置


クリックで動画再生

事例10: 多角柱らせん

概要

ソリッドボディの多角柱らせんを作成します。
【作成手順】
1.らせんの中心軸上のの座標を入力します。
2.多角柱らせんの断面の半径を入力します。
3.多角柱らせんの断面の角数を入力します。
※側面を平面にしたい場合は、「側面を平面化」にチェックを入れます。
4.多角柱らせんの始点座標を入力します。
5.多角柱らせんのZ軸方向のピッチを入力します。
6.多角柱らせんのX軸方向のピッチを入力します。
7.多角柱らせんの巻き数を入力します。

メニュー位置


クリックで動画再生

事例9: 円柱らせん

概要

ソリッドボディの円柱らせんを作成します。
【作成手順】
1.らせんの中心軸上のの座標を入力します。
2.円柱らせんの断面の半径を入力します。
3.円柱らせんの始点座標を入力します。
4.円柱らせんのZ軸方向のピッチを入力します。
5.円柱らせんのX軸方向のピッチを入力します。
6.円柱らせんの巻き数を入力します。

メニュー位置


クリックで動画再生

事例8: 楕円体

概要

ソリッドボディの楕円体を作成します。
【作成手順】
1.楕円体の中心座標を入力します。
2.楕円体のX軸方向の半径を入力します。
3.楕円体のZ軸方向の半径を入力します。

メニュー位置


クリックで動画再生

事例7: 球

概要

ソリッドボディの球を作成します。
【作成手順】
1.球の中心座標を入力します。
2.球の半径を入力します。

メニュー位置


クリックで動画再生

事例6: 正多角すい

概要

ソリッドボディの正多角すいを作成します。
【作成手順】
1.底面の中心座標を入力します。
2.底面の半径を入力します。
3.多角すいの高さを入力します。
4.上面の半径を入力します。
5.多角すいの角数を入力します。

メニュー位置


クリックで動画再生

事例5: 円すい

概要

ソリッドボディの円すいを作成します。
【作成手順】
1.底面の中心座標を入力します。
2.底面の半径を入力します。
3.円すいの高さを入力します。
4.上面の半径を入力します。

メニュー位置


クリックで動画再生

事例4: 正多角柱

概要

ソリッドボディの正多角柱を作成します。
【作成手順】
1.円の中心座標を入力します。
2.円の半径を入力します。
3.円柱の高さを入力します。
4.正多角柱の角数を入力します。

メニュー位置


クリックで動画再生

事例3: 円柱

概要

ソリッドボディの円柱を作成します。
【作成手順】
1.円の中心座標を入力します。
2.円の半径を入力します。
3.円柱の高さを入力します。

メニュー位置


クリックで動画再生

事例2: 直方体(対角指定)

概要

ソリッドボディの長方形を作成します。
【作成手順】
1.直方体の始点を入力します。
2.直方体の対角座標を入力します。
3.直方体の高さを入力します。

メニュー位置


クリックで動画再生

事例1: 直方体(長さ指定)

概要

ソリッドボディの長方形を作成します。
【作成手順】
1.直方体の始点を入力します。
2.直方体の幅を入力します。
3.直方体の奥行きを入力します。
4.直方体の高さを入力します。

メニュー位置


クリックで動画再生

サポート一覧にもどる

まずはFemtetを試してみたい

試用版・無償版はこちら

もっとFemtetについて詳しく知りたい

イベント・セミナー情報はこちら