事例81 電磁波過渡解析の結果をもちいたインダクタンスを求める

電磁波過渡解析ではSパラメータが出力されないため
例えば、直流と交流が混在する(入力波形が異なる)電磁界における
素子のインダクタンス値を求めることはできません。
しかしながら、過渡解析の結果をフーリエ変換することで
Sパラメータを求めることが可能です。
今回の事例では、実際に過渡解析の電圧をフーリエ変換し
Sパラメータを求める手法をご紹介いたします。
L値変換機能をもちいることで、インダクタンスが取り出せるようになります。

まずはFemtetを試してみたい

試用版・無償版はこちら

もっとFemtetについて詳しく知りたい

イベント・セミナー情報はこちら