事例67 回転ファンの共振周波数のシフト量解析

【概要】
ファンは回転時の遠心力によって変形し、内部に応力が発生します。
この変形と応力を考慮した結果インポート解析によってファンの共振周波数のシフト量を解析することができます。


【モデル解説】
ABS製のファンのモデルで遠心力を考慮した静解析を行います。
同モデルで共振解析を行うとファンの共振周波数が得られますが、
静解析の結果をインポートした場合としなかった場合の共振周波数を比較することで
遠心力による共振周波数のシフト量を解析することができます。


【結果解説】
本解析事例のファンにおいては1200rpmの回転によって共振周波数が50%強ほど高い周波数側にシフトしています。

モデル図

静解析の結果

共振解析の結果

結果インポートの設定

遠心力による共振周波数のシフト量

まずはFemtetを試してみたい

試用版・無償版はこちら

もっとFemtetについて詳しく知りたい

イベント・セミナー情報はこちら